不登校新聞

242号(2008.5.15)

声「続、幸せな時間」

2014年10月02日 13:43 by nakajima_


 10年前、『現在、わが家には3歳から13歳まで5人の子どもがいます。』で、はじまる拙文を、生まれたばかりの不登校新聞『わが家の場合』の欄に載せてもらいました。

 当時、学校とは「まったくなーんにも言うことを聞かないんだから。もうそっちはそっちで勝手にやってちょうだい」という"駆け落ち夫婦に手こずり、プッツンした親族”関係(現在進行中)に突入。「幸せな時間がいっぱい」という、素敵なタイトルをつけていただきました。「不登校生活エンジョイ推進委員(会員はいません)」として、張り切ったらしく、かっ飛ばして書いてます。10年経ったいまも、「あー、やっぱり幸せな時間がいっぱいで楽しいな~」と、同じように書きたいのです。本当にうれしい! ばんざーい!
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...