不登校新聞

242号(2008.5.15)

おらが街を自慢しよっ!!

2014年10月02日 15:16 by nakajima_
 毎年、さまざまなガイドブックが出版され、名所案内がされています……が。日本のイイとこ、本に載るばかりがすべてじゃないでしょう。ということで、今回は佐賀、千葉、北海道からマニアックな「おらが街自慢」を集めました!

佐賀県は…ドロも陶器もがばいよか


 佐賀に自慢できるところはあるのかな? と思ったりもするのですが、探せばあるはずです。「探してください、佐賀県」、そんなテレビCMが昔ありましたね。それでは探してみましょう。

 「がばいばあちゃん」なんてものが流行ったりしました。お笑い芸人、はなわの「佐賀県」という歌もヒットしました。ある程度全国の人も知ってる佐賀に関する話題ですね。佐賀の大きなイベントに有田の陶器市があります。今年もGWに開催され期間中、計100万人以上の人を集めました。全国から陶器好きが佐賀の有田に集まり帽子、軍手、リュックという陶器市ルックで掘り出し物探して有田の街にくり出します。
 佐賀インターナショナルバルーンフェスタなんてものもあります。アジア最大の国際的な熱気球大会です。世界各地から選手があつまりさまざまな色、かたちをしたバルーンが佐賀の秋空を彩り飛びます。佐賀は世界にもアピールしているのです。すごいですよね。

 そして今年は佐賀で登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿があります。そこで行なわれるイベントのひとつに「干潟で遊ぼう!」が予定されています。佐賀では有明海の干潟でガタリンピックなるイベントが毎年行なわれています。干潟に飛び込んで泥んこになりながらいろんな競技やイベントはきっと気持ちいいことでしょう。そんな泥んこ体験を夏合宿で全国の人にもぜひ味わってほしいですね!

 泥んこになったあとは嬉野温泉に入ればまたさらに気持ちいいでしょうね。人、街、自然、今年の夏は佐賀の「がばいよか」ところを探しに来てください。

 やっぱり佐賀に自慢するようなところはないなんてことを思ってたりするのですが、夏にたくさんの人が佐賀に来てステキな思いを持ち帰れたらちょっぴり自慢することができるような気がします。

北海道は…自然満喫ステキな街

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学3年で不登校になった女性が「好きなことだけ」して見つけた希望

522号 2020/1/15

転機は「ドラクエ」12年間のひきこもり生活が終わるまで

521号 2020/1/1

小6から学校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

521号 2020/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...