不登校新聞

242号(2008.5.15)

第242回 「不登校新聞」創刊

2014年10月02日 14:26 by 匿名

連載「不登校の歴史」


 本紙不登校新聞の創刊は、1998年5月1日であるが、準備は前年の9月からであった。前号に創刊のきっかけになった事件を述べたが、その1~2年前から、不登校について自分たちのメディアがほしい、と思っていた。

 というのも、マスメディアが取材してくれるのは、ありがたいことではあったから、なるべく断らないように取材を受けてきたが、たいてい、結果的にニュアンスが何かちがっていて、違和感をもつことが多かった。ひどい場合には、子どもが裏切られた気持ちになったり、言わない言葉を言ったかのようにコメントされ、こちらが抗議を受けたこともあった。そういう問題がどうして生じるか考えていくと、やはり、善意の記者であっても、一回の取材で理解してもらうのは難しく、背景にあるのは、社会通念であることが多かった。自分たちがメディアをもち当事者の視点を発信したい、まだまだ孤立している親子に、情報や経験を届けたい、と思った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...