不登校新聞

342号(2012.7.15)

北本市いじめ自殺裁判「原告の請求すべて棄却」

2013年07月23日 15:18 by kito-shin

 

 2005年に自殺した埼玉県北本市の中井佑美さん(当時12歳)の両親が市と国に対して損害賠償を求めていた訴訟で9日、東京地裁は原告の主張をすべて棄却する判決を言い渡した。「自殺の原因は、いじめならびに学校側の不適切な対応にある」との訴えに対し、舘内比佐志裁判長は「いじめがあったとは認められない」とした。原告は近く控訴する方針。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...