不登校新聞

342号(2012.7.15)

つながるオルタナティブ北海道 第16回

2013年07月30日 11:04 by kito-shin


  「つながるオルタナティブ北海道!!」というテーマにもかかわらず、今回は青森から情報を発信させてもらいます。私自身は2001~2010年までの10年間、北海道自由が丘学園と札幌自由が丘学園の2つのフリースクールにスタッフとして携わらせていただいたのですが、フリースクールに関わるようになったのは、海上自衛隊を退職して通信大学で教員免許の取得を目指そうと決意した際に「資格が取れるまでのあいだ、どこか子どもたちと関わることのできる現場に飛び込めないかな」と考えたのがそもそものきっかけでした。「なんでそうなるの?」という細かい経緯はすっ飛ばすとして、当初は生まれ故郷の青森でフリースクールなどの情報を集めていたのですが、フリースクール自体がほとんど存在していないということが分かり、その現状はいまでも変わっていません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...