不登校の子どもたちが「いじめ自殺を防ごう」と自前で動画配信した。

 それを見た脳科学者・茂木健一郎さんが自身のツイッターで「無理しなくてもいい」をテーマに、7つのツイートを発信された。ツイートには動画趣旨に賛同するとともに「学校にきちんと行くべきだ、という規範がいかに根強いか、それをあらためて思った」と書かれてある。

 茂木さんは、さらにつぶやいた。

 「登校は義務である」とか「学校に行かないと社会性がつかない」とかいう狭い通念が、子どもや親を苦しめているのだろう。

 一般に「無理だ」と思ったら強いなくてもいい。行きたくなったら自然に人間は行く。無理したひずみはあとでかならずしっぺ返しがある。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。