不登校新聞

396号 2014/10/15

当事者に聞く不登校 親の対応に思うこと

2014年10月15日 12:07 by kito-shin


 今回の子どもインタビューは小川秋星さん(19歳)。小学校5年生から不登校。現在はホームシューレに所属している。「親の対応に思うこと」を中心にお聞きした。

――不登校はいつごろからでしょうか?
 小学5年生ごろですね。先生とのトラブルがきっかけでした。ある日、体調が悪いなか授業に出ていたとき、先生に「おなかが痛い」と言ったら、キツめの口調で「うるさい」と言われました。そんなこと言われるくらいなら「もう行ってやるもんか」と思って行かなくなりました。

――不登校してからは、どうすごしていましたか?
 しばらくは家ですごしていました。初めのころは、まわりの同級生たちに対して劣等感がすごくありました。他人の目が怖くて、夏なのに厚手のコートを着て、フードまでかぶって、顔が見えないようにしてコンビニに行ったりしていました。そのうち気にならなくなり、家でも気楽にすごせるようになりましたが、あのころはきつかったですね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...