不登校新聞

342号(2012.7.15)

不登校カミングアウト

2015年02月24日 11:23 by kito-shin
2015年02月24日 11:23 by kito-shin

子ども若者編集部企画「不登校カミングアウト」

 人は誰にでも「知られたくない秘密」がある。われわれの場合、「不登校」「ひきこもり」といったバックグラウンドがそうかもしれない。バイト先や外出先で「どこの学校行ってるの?」「今日、休み?」などと尋ねられた場合、冷や汗を書いた人もいるのではないだろうか。筆者もそうである。
 
 まわりからの眼や、不登校への反応は気になるもの。では実際に、不登校をカミングアウトすると、どうなるのか。不登校、ひきこもり経験者を集めて、実体験を洗いざらい出してもらった。集まった経験例は全40件。カミングアウトしたときの年齢、状況、相手の年齢と反応を分析して、パターンをわけてみた。
 
【不登校への反応①】

 最多は「へ~」
 不登校をカミングアウトした際、圧倒的に多かった周囲の反応が「ふーん」「へ~」など。この「気にしてない」パターンが40件中30件。75%の人が、不登校に対して気のない返事を返していた。

【不登校への反応②】
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「40代で人生2度目のひきこもり」ひきこもり経験者が語るふたたび動き出すまでの出来事と気持ち

624号 2024/4/15

「30歳を目前に焦っていた」就活失敗を機に大学生でひきこもった私が再び動き出すまでに取り組んだこと

623号 2024/4/1

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…