不登校新聞

396号 2014/10/15

【公開】8人のひきこもりが提案する「支援モデル」 11.30イベント開催

2014年11月14日 16:46 by shiko

 「ひきこもり」の渦中にある当事者は、「支援」とどんなつながり方を望んでいるのか、どんなコンテンツが必要なのか、自分自身つかみかねていたり、思慮深さが邪魔をしたりしてうまく伝えることができません。


「支援」の方策が当事者の声を汲みとっていない「ひきこもりの矯正」と感じられるものであるならば、当事者はおのずと「支援」へのつながりに二の足を踏むことになります。

私たちは、サービスやモノづくりに「ユーザー・エクスペリエンス(UX)」(=利用者体験)を活かして品質やデザイン・使いやすさを向上させるように、ひきこもり経験や支援の実体験を持つひとなら「当事者がリアルに求める支援」が描き出せるのではないか──そう考えました。

「ひきこもり界隈」のフロントランナーたちによる、ユニークで「実用的(リアル)」なプレゼンテーションをお楽しみに。 主催者一同
 


■イベント概要

日 程 11月30日
会 場 東京ウィメンズプラザ ホール
参加費 一般 1,000円[当日1,200円]/当事者割 300円
H P http://blog.livedoor.jp/uxkaigi/archives/1010534684.html

■連絡先 uxkaigi@gmail.com

■予約方法
メールにて下記内容をお知らせください。
1)代表者様のお名前(フリガナ)
2)ご来場になる人数
※予約確認返信はございませんので予めご了承ください。
※別々にご来場になる場合は、受付にて代表者名をお伝えください。
 
予約メール uxkaigi@gmail.com

■プレゼンテーター

岡本  圭太
NPO団体職員
地域若者サポートステーション相談員

丸山  康彦
ヒューマンスタジオ代表
湘南ユースファクトリー代表理事

勝山  実
ひきこもり名人/作家
新ひきこもりについて考える会世話人

小林  博和
ひきこもり不登校支援の会運営
ひきこもりドキュメント映画「home」上映委員会委員

林  恭子
ヒッキーネット
新ひきこもりについて考える会

 石崎  森人
『不登校新聞』子ども若者編集部
『ひきこもるキモチ』連載


川初  真吾
一般社団法人コヨーテ 代表理事

恩田  夏絵
ピースボート・グローバルスクール 

■主催(あいうえお順)
石井志昂(全国不登校新聞社)
岡本康平
恩田夏絵(ピースボート・グローバルスクール)
川初真吾(一般社団法人コヨーテ)
林恭子(ヒッキーネット/新ひきこもりについて考える会)
 
 

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...