不登校新聞

240号 2008.4.15

東京地裁 集団自決は「軍が深く関与」

2014年10月16日 14:06 by 匿名

『太平洋戦争』(左)と『沖縄ノート』(右)

 08年3月28日に大阪地裁(深見敏正裁判長)で、「大江・岩波沖縄戦裁判」の判決があった。判決では戦隊長ら原告の請求をすべて棄却した。原告は、旧日本軍が住民に集団自決を命じたとした岩波新書『沖縄ノート』などの記述で、名誉を傷つけられたとして、大江健三郎氏と出版元の岩波書店を訴えていた。

 大阪地裁の判決によると「集団自決には旧日本軍が深く関わった」とし、「元戦隊長らが自決を命じたという記述が真実であると断定できないが、記述には合理的資料あるいは根拠があり、真実と信じるに相当の理由があった」とし、原告側の請求を棄却した。原告側は4月2日に控訴している。

 裁判で問題となったのは座間味、渡嘉敷両島での集団自決。渡嘉敷島では329人、座間味島178人、慶留間島53人が犠牲になった(人数については諸説ある)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...