不登校新聞

240号 2008.4.15

名古屋 緊急シェルター本格始動

2014年10月16日 14:21 by 匿名
 安心できる家庭や居場所がない子どものための緊急シェルター「丘のいえ」。昨年、名古屋のNPO法人子どもセンター「パオ」が開設したシェルターである。今年3月までに14歳~16歳の3人の子どもが利用しており、本格始動している。子どもはいずれも児童相談所からの一時保護委託として受けたもの。

 子どもセンター「パオ」には、児童相談所、女性相談センター、子どもを支援している民間団体などから、相談や問い合わせがある。そのうち、シェルター「丘のいえ」(女子のみ対象)の支援が必要な子どもについての相談を受けると、弁護士が子ども本人と直接面接する。その後、弁護士がパートナーとなり、相談などの支援にあたる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...