不登校新聞

240号 2008.4.15

座敷わらしに会いてえ!!

2014年10月16日 15:32 by 匿名


 今回の子ども編集部は、なんと取材のために岩手県二戸市まで行ってきました! もちろん自費旅行。目的は座敷わらしが出るとウワサの「緑風荘」に泊まるためです。さて座敷わらしには出会えたのか、取材をした2人が緑風荘のようすや体験談を執筆しました。

 死後、家族の幸せを願って座敷わらしとなった亀麿様に会って幸福を受けるため、あるいは見えないものとの魂の交流を求めて、人々はこの宿を訪れます。

 岩手県は二戸市にある「緑風荘」。座敷わらしで有名なその旅館は格式高い…ものはなにもない、ふっるい宿であります。まわりには、観光地らしい店や風景が……あるとでも思ったか! なにもないんです、本当に。

 守り神藤原亀麿 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...