不登校新聞

240号 2008.4.15

書評「日本の思想」

2014年10月16日 14:49 by 匿名


 私が学校に行けなかった1980年ごろ、この本を読みました。学校というものが持つ絶対的な重さを、和らげる言葉が必要だったからです。

 それから20数年を経たいま、もう一度この機会にこの本を読んでみました。

 「思想のあり方について」という文で、日本の文化は「タコツボ」型であり、官僚、企業、大学、団体などの相互の連携がない。かつて、それをつないでいたのが戦前の天皇制であり、天皇と「臣民」という関係が横につないでいたと書かれています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ状況と不登校 不登校の歴史vol.542

542号 2020/11/15

ひといき

542号 2020/11/15

森の喫茶店 第542号

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...