不登校新聞

240号 2008.4.15

第240回 私たちが政府に保障させたいこと

2014年10月16日 14:54 by 匿名


連載「不登校の歴史」


 96年11月30日付で、「登校拒否を考える全国ネットワーク」は、日本の子どもの現実を、国連子どもの権利条約NGOカウンターレポートとしてまとめた。国連に提出するとともに、政府にもつきつけた。何号にもわたって内容を紹介してきたのは、当時の登校拒否の状態をFonte読者にも知っていただきたかったからである。

 「登校拒否と子どもの人権―今、どうなっているか―」と題するこのレポートは、前号までで入りきらなかった部分を少しつけ加えて、今回で紹介を終える。

 前号の続きには、「余暇、レクリエーション及び文化的活動」の項がある。「そのなかの条約31条の『休息の権利』について政府はまったく述べていない。しかし、日本の子どもたちは学校に関わることで忙しく、極度の疲労を抱えている子も少なくない。にもかかわらず、何の手だてもうっておらず、休息の権利が認められていないため、登校拒否・不登校にならざるを得ない状況があり、登校拒否・不登校をしている子どもは、登校を強制されてしまう現状がある」と指摘した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...