86年の鹿川裕史くん、94年の大河内清輝くん、06年の松木友音さんと、いじめを苦に命を絶つ事件が起きるたび、マスコミは大きく報道し、社会も大きな関心を寄せた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。