不登校新聞

239号(2008.4.1)

かがり火 森英俊

2014年10月23日 14:23 by nakajima_


 今は昔、春爛漫。4月は、光と闇の交錯する季節でもある。学校では進級・入学をめぐって、社会では就職や異動をめぐってさまざまな思いが飛び交っている。

 以前、親の会に来た母親が「ようやくわが子が不登校になったことが理解できたが、制服を着て入学式に向かう親子連れを見ると、なぜか涙が止まらなくなる」と語っていた。この母親の子どもは、学校でいじめにあっていた。彼は陰湿ないじめの恐怖から生命を守るため、学校へ行かなかった。いじめられた被害者だけが、なぜ学校に行かなくなるのか。母親はその理不尽さが耐えられなかったと言う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。