不登校新聞

239号(2008.4.1)

最終回 可能性に目を向けるサポーター

2014年10月29日 15:12 by 匿名


連載「スクールソーシャルワーク」


 前回、一人ひとりを尊重することをスクールソーシャルワーカー(以下・SSW)は大切にしている、と述べたけど、もうひとつ重要な考え方があるんだ。それは、個人の可能性に焦点を当てるということ。僕たちは、何か問題、つまり悩みごとや人とのトラブルを抱えると、いつも自分の欠点などマイナスの部分を指摘されて、そこを直すように言われたり、場合によっては専門家に治療するよう言われたりするよね。

 でも、SSWでは人が持っている可能性に眼を向けて、それを発揮できるようにサポートするんだ。可能性があるといっても、僕たちは無限の力を持っているわけじゃない。だけど、自分の可能性を低く評価していることが多いよね。とくに、困難な状態にあるときには自信を失ってしまっていて、自分には何もできないなんて思いこんだりすると思うんだ。

 そんなときにそばにいて、自分では気づいていない力を引き出して伝えるのがSSWの役割なんだ。もちろん、ただ言葉で「君にはできる」とか「やればできる」なんて単純に伝えればいいってもんじゃない。いろんな関わり方を通して、自分の力に対する信頼感を回復するように支えるんだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...