不登校新聞

239号(2008.4.1)

声「進学と発達障害」

2014年10月23日 14:42 by nakajima_


 卒業、進学の季節ですね。親の会のメンバーからも進学先が決まったと連絡が届きます。それぞれの思いを胸に4月からの新生活を迎えられることでしょう。

 近ごろ「親の会」でずっと続いている話題としては、ひとつに「進学」に関すること、もうひとつに「発達障害」の問題があります。

 広島には公立通信制高校と私立広域性通信制高校があります。親の会のメンバーの多くがいずれかの高校への進学を選ぶようです。しかし1年後に再び行けない状態になっているという報告も少なからずあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...