不登校新聞

239号(2008.4.1)

特集HE 「ホームシューレ」

2014年10月23日 16:00 by 匿名
2014年10月23日 16:00 by 匿名

◎ホームシューレってどんなとこ?


 「ホームシューレ」は、NPO法人東京シューレのホームエデュケーション部門です。

 ホームシューレがスタートしたのは1993年の11月。今年で15年目になります。東京シューレは、もともとフリースクールとして活動していましたが、学校やフリースクールなどに所属せず、在宅中心でやっていくあり方も認められるべきであると考え、ホームシューレをつくりました。専任スタッフは3名で、会員数は全国で240家庭です(2008年3月現在)。

 ホームシューレの特長は、東京シューレが不登校に関して蓄積した経験をベースにしていることにあります。

 海外の「ホームエデュケーション」の考え方に学びつつ、日本の教育制度の現状に合わせて、より現実的な子ども・若者やその家族のニーズに応えるように以下のような活動を展開しています。

◎情報交流誌の発行


 ホームシューレは毎月、子ども・若者向けの情報交流誌『ホームシューレ ばる~ん』を発行しています。不登校やホームエデュケーションに役立つさまざまな情報の提供のほか、にぎわっているのは会員からの投稿ページです。所属会員の半数ぐらいの投稿が集まります。誌面上でおたがいにメッセージを送りあったり、応募型の投稿コーナーに参加したりしながら、会員どうしの交流のきっかけとなっています。親向けには『親から親へ伝えたいこと メッセージ』を発行し、日々の子育てや学校対応などさまざまなテーマについて共有しあいながら、親どうしのつながりをつくっています。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

特集HE 家で親子が育ちあうとは

239号(2008.4.1)

特集HE ホームエデュケーションってなに?

239号(2008.4.1)

特集HE 「日本ホームスクーリング支援団体」

239号(2008.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…