不登校新聞

238号2008.3.15

知的障害男性誤認逮捕 国と県に賠償命令

2014年10月29日 13:30 by nakajima_
 重度の知的障害を持つ男性(56歳)が違法な逮捕と捜査で精神的な苦痛を受けたとして国と栃木県を相手取り慰謝料を求めた国家賠償訴訟の判決が2月28日、宇都宮地裁であった。宇都宮地裁(福島節男・裁判長)は、国と県に対し、100万円の損害賠償を命じた。

 弁護団によると2004年8月、男性が中学生に対する軽微な暴行容疑で宇都宮東警察署に逮捕され、警察からの取調べのなかで、未解決の連続強盗事件の犯行を自白したとして再逮捕され、起訴された。裁判で男性は検察から懲役7年の求刑を受けたが、判決直前になって真犯人が現れたため、05年3月の判決では無罪となった。このため、弁護団は人権侵害救済申立のほか、事件の背景を追及するため、国賠訴訟を行なっていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...