不登校新聞

238号2008.3.15

Q&A「年度末、落ち着かない…」

2014年10月29日 13:33 by nakajima_


Q.中学校や高校で不登校になっている子どもにとって春はとくに落ち着けない時期。部屋にとじこもったり、逆に外へ出て仲間と深夜コンビニエンスストアでたむろしてタバコを吸ったり、飲酒したりすることもあり、親は不安になります。こんな問題をどう考えたらいいでしょうか。(編集部)

A.たしかに3月、4月は、不登校の子どもと親にとっては進級・卒業を意識したり、進路選択を迫られた気分で、気持ちの落ち着きどころが見えずにいらいらしたり、身動きできない思いで落ち込んだりする時期です。とかく親は、子どもが部屋にこもると、それが心配。外へ出るようになればなったで、交友関係や問題行動が心配で家に落ち着いてほしいなどと思ったりします。どちらにしても、親の心配は子どもが「学校に行けない」、「働かない」ことから生まれる不安なのでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...