不登校新聞

340号(2012.6.15)

つながるオルタナティブ北海道 第14回

2013年07月23日 15:43 by kito-shin


 未来の会は、1998年にわが子が学校に行けなくなった母親たち4人が集まり、不安や焦りでパンクしそうになっている思いを語り合ったことが発足のきっかけです。
 
 会の名前はみんなで知恵を絞った結果、「子どもの未来を信じる」という意味をこめて、「未来の会」となりました。
 
 また、さまざまな立場の人とも考えあおうと、参加は親だけにかぎらないことにしましたが、親が安心して話し合える場も大切にしたいので、「午前中は親だけ、午後からはそのほかの人も参加OK」という、現在のスタイルになってきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...