不登校新聞

238号2008.3.15

書評「トリップ」

2014年10月29日 13:49 by nakajima_

著者・角田光代 発行・光文社文庫

 不思議な物語だった。東京近郊の街に住むフツーの人々が登場する10の短編集。

1つ目は「空の底」という、同級生と駆け落ちの約束をしたけれど、相手が待ち合わせの場所に現れなかったために、「道を踏み外さなかったわたしの日常」に戻る女子高生の話。されど、フツーの生活は謎に満ち満ちていてスリリングなのだ。その女子高生の日常のすぐ外側で生活している人々が主人公である。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

523号 2020/2/1

かがり火

523号 2020/2/1

ひといき【編集後記】

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...