不登校新聞

238号2008.3.15

ひといき 多田耕史・石井志昂

2014年10月29日 15:02 by nakajima_


 ある日の夕方、理事が私に「今日、夜食べるもの何か買ってきて」と言ってきた。う~ん、またかよぉ、面倒くせえなぁ。でも食べなきゃ結局は腹減るしな、と思いながらコンビニへ弁当を買いに行った。そこで思わぬ幸運が。私はうっかり手を滑らせて、サラダのパックを床に落としてしまった。と、そこまではついてないと思うでしょう。すると、近くにいたかわいい若い女性がとっさに「ハイ」とそのパックを拾って手渡してくれたのだ。私はうれしくて二度もお礼を言ってしまった。本当にささいなことだったけど、心がホカホカあたたまるような出来事だった。(名古屋支局・多田耕史)

* 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...