不登校新聞

397号 2014/11/1

かがり火 多田元

2014年10月30日 11:38 by kito-shin


 10月10日、ノーベル平和賞がパキスタンの17歳マララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サティヤルティさんの共同受賞とされたことには力づけられた。かつて佐藤栄作に授与されたときには深い疑問を抱いたが。

 マララさんは、女性の教育への権利を差別的に否定するパキスタンの郷里で、学校に通学して教育への権利を主張し、過激派に頭部を銃撃され、かろうじて一命をとりとめた。昨年7月12日、16歳の誕生日を国連は「マララ・デー」と名づけ、彼女は歴史に残る演説をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

転勤族だったわが家の夏は色とりどりに

488号 2018/8/15

のべ700名が集まった不登校の「全国大会」

488号 2018/8/15

馳試案 不登校の歴史vol.488

488号 2018/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...