不登校新聞

397号 2014/11/1

かがり火 多田元

2014年10月30日 11:38 by kito-shin


 10月10日、ノーベル平和賞がパキスタンの17歳マララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サティヤルティさんの共同受賞とされたことには力づけられた。かつて佐藤栄作に授与されたときには深い疑問を抱いたが。

 マララさんは、女性の教育への権利を差別的に否定するパキスタンの郷里で、学校に通学して教育への権利を主張し、過激派に頭部を銃撃され、かろうじて一命をとりとめた。昨年7月12日、16歳の誕生日を国連は「マララ・デー」と名づけ、彼女は歴史に残る演説をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

471号 2017/12/1

「学校復帰」一辺倒の政策が変わりつつある

471号 2017/12/1

フリースクール等検討会議 不登校の歴史vol.471

471号 2017/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...