不登校新聞

397号 2014/11/1

かがり火 多田元

2014年10月30日 11:38 by kito-shin


 10月10日、ノーベル平和賞がパキスタンの17歳マララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サティヤルティさんの共同受賞とされたことには力づけられた。かつて佐藤栄作に授与されたときには深い疑問を抱いたが。

 マララさんは、女性の教育への権利を差別的に否定するパキスタンの郷里で、学校に通学して教育への権利を主張し、過激派に頭部を銃撃され、かろうじて一命をとりとめた。昨年7月12日、16歳の誕生日を国連は「マララ・デー」と名づけ、彼女は歴史に残る演説をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもに寄りそうために大切なことは 書籍紹介「居場所とスクールソーシャルワーク」

482号 2018/5/15

イギリスでは2万3000千人が利用 海外のホームエデュケーション事情

482号 2018/5/15

西鉄バスジャック事件から18年 少年事件の今に思う

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...