不登校新聞

397号 2014/11/1

いじめ1万2000件減? 文科省調べ

2014年10月30日 12:36 by kito-shin


 文科省が10月16日に発表した「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、13年度のいじめ件数(学校が認知した件数)は、前年と比べて1万2249件減の18万5860件。このうち警察に相談・通報した件数は974件(前年度より61件増)。いじめ自殺の可能性があるケースは9件(前年度より3件増/児童生徒の自殺総数240件)だった。

 今回の調査により、いじめは全国で1万2000件の減少が見られたが、どれだけ子どもの実情を反映しているのかについては疑問の声があがっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...