不登校新聞

397号 2014/11/1

いじめ1万2000件減? 文科省調べ

2014年10月30日 12:36 by kito-shin


 文科省が10月16日に発表した「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、13年度のいじめ件数(学校が認知した件数)は、前年と比べて1万2249件減の18万5860件。このうち警察に相談・通報した件数は974件(前年度より61件増)。いじめ自殺の可能性があるケースは9件(前年度より3件増/児童生徒の自殺総数240件)だった。

 今回の調査により、いじめは全国で1万2000件の減少が見られたが、どれだけ子どもの実情を反映しているのかについては疑問の声があがっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...