不登校新聞

397号 2014/11/1

高校中退8000件増、定時制高1の中退率23%

2014年10月30日 16:24 by shiko


 10月16日に文科省が発表した「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、高校中退者が昨年度に比べ8000人増加したことがわかった。
 
 13年度の高校の中退者数は、5万9742人。今回初めて高校通信制課程に所属する生徒も調査対象になったため、増加につながったと見られている。
 
 注目されるのは定時制高校の1年生における中退者率23・7%。定時制高校の中退率は全日制、通信制高校と比べても高いが、定時制高校1年生における中退率は、全生徒における中退率の14倍。およそ4人に1人が中退したことになる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校が最も多かった2017年度 なぜ不登校は増え続けているのか

494号 2018/11/15

佐世保市の子ども育成条例に「愛国心」記載

198号(2006.7.15)

子どものシェルター名古屋で開設

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...