不登校新聞

340号(2012.6.15)

朝日が昇る前に寝たい

2013年07月30日 11:15 by kito-shin

子ども若者編集部企画「朝日が昇る前に寝たい」



サンシャインコンボを見つける

 6月21日、毎年恒例の夏至がやってくる。夏至の日の出時刻は午前4時30分ごろ(東京で計算)。「そんなに早いのか、ヤバいな」と思ったあなた、この記事を読んでいただきたい。本紙269号によれば、不登校経験者で「新聞配達の時間を肌で知っている人」は50・3%にものぼった。この時期、新聞配達の直後から日は昇り始める。そして「朝日を見ると罪悪感を感じる」という人も少なくないだろう。おなじ不登校経験者によけいな罪悪感を感じさせたくない。そんな思いから「朝日が昇る前に寝たい」という思いを叶えられるよう編集部で調査・検証を試みた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...