不登校新聞

340号(2012.6.15)

小さな学校をつくれるように

2013年04月23日 13:44 by kito-shin

東海大学教授 小貫大輔さんに聞く 

 今回お話をうかがったのは、東海大学教授の小貫大輔さん。小貫さんは国内外で長年、ブラジル学校やシュタイナー学校など、オルタナティブスクールへの支援活動に取り組んできた。教育の多様性がなぜ必要なのか。ブラジル学校の現状などを交えつつ、お話いただいた。

――近年、ブラジル学校に通う子どもが減っていることについて、どのような背景があるのでしょうか?
 おもに2つの理由が挙げられます。1つは2008年のリーマン・ショックに端を発する不況です。親の失業により、月謝を払えなくなるケースが増えています。もう1つが3・11です。震災と原発の影響で10万人がブラジルに帰国し、日本で暮らす在日ブラジル人は以前の3分の2になりました。かつては1万人と言われたブラジル学校の在校生数も、現在ではおよそ5000人に減りました。
 
 そうしたなか、喫緊の問題は、多くのブラジル学校が厳しい経営状況に直面しているということです。ブラジル学校は全国に70校ほどありますが、ほとんどがフリースクールと同様に「私塾」扱いであり、運営資金を保護者が納める月謝で賄っています。70校のうち各種学校に認定されて公的支援を受けられているのは14校。それも正規の学校とは程遠い、わずかな支援です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...