不登校新聞

340号(2012.6.15)

不登校の歴史 第340回

2013年07月23日 15:44 by kito-shin


緊張の日々

 設立準備委員会では、学校の認可のときに必要な資金として、改修や設備に必要なお金以外に、学校運営の1年間の経常経費の半分を用意しなければならない、という条件に基づき、多くのみなさんにご協力いただき、ほぼ集めることができていた。
 
 ところが、あと2週間で申請の期限というとき、その倍の、経常経費1年分を用意しなければ認可できない、ということが私学審で決まったということが伝えられた。
 
 たしかに、子どもにとって通っていた場がすぐにつぶれるということはとんでもないことで、安定性、継続性は重要なことだ。それならそれで早く言ってほしかったと、正直思った。でも、嘆いているヒマはない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...