不登校新聞

237号(2008.3.1)

第3回 不登校への関わり方は?

2014年11月05日 14:01 by 匿名


連載「スクールソーシャルワーク」


 つい最近の話なんだけど、学校に行っていない子を持つ親の人たちと話す機会があったんだ。そのときに、何人かの人たちが申し合わせをしたみたいに、担任から心療内科に行きましたかって尋ねられたって言うんだよね。子どもは家で元気に過ごしていて、親から見てとくに気になるところはないんだけど、先生たちからすると不登校は病院に行かなくちゃいけないような"ビョーキ”らしいんだね。

 "ビョーキ”扱いをしないまでも、人間関係づくりが下手だとか、ガマンができないとか、子どもたちがおかしいっていう理由がいろいろあげられるけど、それってみんな本人に問題があるっていう見方でさ、本人が変われば解決するって考えられているんだよね。

 学校生活全部に眼を

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...