不登校新聞

237号(2008.3.1)

検察庁まとめ 少年犯罪件数4年連続減少

2014年11月05日 14:04 by 匿名
 警察庁は、07年の少年犯罪と犯罪被害の状況をまとめた。警察庁によると、昨年、刑法犯で検挙された少年(14歳以上20歳未満)は、10万3224人となり、前年に比べ9593人減となった。これで少年の検挙数は4年連続で減少し、すべての罪種で減少が見られた。いじめに起因する事件件数は201件で、前年より32件減少、検挙・補導人数は457人で3人減少した。

 刑法犯で検挙された少年の内訳だが、検挙された少年のうち、もっとも多かったのは、自転車などを盗む「乗り物窃盗」や「非侵入窃盗」で5万5763人、少年検挙者数全体の54%を占めていた。凶悪犯(強盗、放火、強姦、殺人)は1042件で、前年より128人減少、4年連続の減少となった。また、凶悪犯のうち、もっとも多かったのが強盗757件で、凶悪犯全体の72・6%を占めていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1686人に調査、46万字の「声」。ひきこもりの多様さを知って

558号 2021/7/15

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...