不登校新聞

237号(2008.3.1)

娘に教わる家族のイロハ

2014年11月05日 14:53 by 匿名


 昨年の11月から12月にかけて、ここ北カリフォルニアのおしゃれな街で、私は絵画とガラスのアーティストの2人と展覧会をしていた。タピストリーを織ることが自分の大好きな仕事であるのだが、アメリカ人の「布は手芸」的な反応、文化のなさにうんざりしていた。ときにはキルト、編みもの、刺繍、織物のちがいを説明しなければならなかったし、わかったあげくには「あなたは100年前に生まれればよかったのに」とか言われる始末。こんな国に10年もいて、アーティストとして土台も築けないなんてとついに切れてしまった。

 夫デニスに「もうわたしは日本に帰る。向こうではいろんなギャラリーで個展をしてくれと頼まれてるんだし、教室で教えることだってできる。ここにいたら『いいご趣味ですね』で終わってしまう。私の老後はもうすぐなんだから、あと15年も作家活動ができればいいところだ。この国は心が貧しすぎる」とまくしたてた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

毎日の欠席連絡は地獄です。不登校の親に聞く「8つの質問」その1

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...