不登校新聞

237号(2008.3.1)

ニートひきこもり支援 コトバノアトリエ

2014年11月05日 15:06 by 匿名


作家やマンガ家など、クリエイティブな仕事に就きたいというニートやフリーター、元ひきこもりの若者を対象に支援を続けている一風変わったNPOがある。「コトバノアトリエ」だ。今回はその主宰者である山本繁さんに、ニート支援についての考え、今後の展望などについてうかがった。

 山本さんは大学を卒業した翌日、「コトバノアトリエ」を立ち上げた。当初は中・高校生を対象とした小説教室を開いていた。その後、いわゆる「ニート」と呼ばれる若者たちへの支援へと、その活動の幅は徐々に拡がっていった。きっかけは、ニート支援の現状に対する違和感だった。

 「ニート問題の一つに、『イスの数が足りない』ということがあります。ニート支援をするNPOが増えようとも、実際の就職先が増えなければ意味がないわけです。そのなかで、日本のニート支援の矛先は、誤解を恐れずに言えば農業、工業、IT、福祉に特化されてきました。それが悪いということではなく、作家やマンガ家など、人が就きたい職種へのニーズってもっと多様なんじゃないかと思ったんです。そうした若者のやりたいことへの支援を行なうNPOが少ないなら、私たちでやろうと思い立ったわけです」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

TikTokが「バズりづらい動画」を推している理由

558号 2021/7/15

編集後記

558号 2021/7/15

森の喫茶店 第558号

558号 2021/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...