不登校新聞

237号(2008.3.1)

第237回 不登校の実際のつらさ

2014年11月05日 14:28 by 匿名
 

連載「不登校の歴史」


 前号まで紹介してきたが、全国ネットのカウンターレポートでは、不登校にかかわる人権侵害によって傷ついた子どもたちの現状を述べている。以下に2点、補足する。 

「退行現象」

 大きい年齢の子が赤ちゃん返りし、ミルクを飲ませてもらう、いっしょに寝る、親と離れられず、親がトイレ・買い物にも行けない状態となる。本人の強い不安、つらさが背景にあるが、周囲に理解されず、自立させない親が悪いと非難される。

「家庭内暴力が出る」

 子どもがひどくつらく、自己否定の極地にあるとき、ものを投げる、ふすま・壁をこわす、、包丁をふりかざす、殴るなどの暴力が出る。とりわけわかってほしい母親に出やすい。しかし、その気持ちが理解されず警察が呼ばれたり、強制入院になったりする。親が家にいられず一人暮らし、逆に本人が一人暮らしとなる例、親が金属バットで子を殴殺した例、金銭の要求が激しく悲劇を生む例なども生じている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...