不登校新聞

236号(2008.2.15)

Q&A「妹のイライラに振りまわされて」

2014年11月12日 13:51 by 匿名
2014年11月12日 13:51 by 匿名


Q 高校受験を控えた姉と、現在不登校中の中1の妹がいます。わが家では、夫も私も現在では無理に登校しなくてよいと、妹に伝えているのですが、2~3日おきに登校してはイライラして帰ってきます。姉も私も振りまわされています。姉への影響も心配で、受験が終わるまで落ち着いてほしく「しばらく学校は休んだら」と言っても、学校を休もうとはせず、困っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「僕には何もない」大学卒業を控えて焦る不登校経験者に専門家がかけた言葉

593号 2023/1/1

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…