不登校新聞

236号(2008.2.15)

子ども若者編集部、企画告知!

2014年11月12日 13:58 by 匿名
2014年11月12日 13:58 by 匿名

"座敷わらしに会える?!”


 灰色のビル、凶悪な事件、理屈ばっかこねてる大人。もう、うんざりなんだよね~そういう夢のない現実。これなら妖怪のほうがまだマシ! と思いますでしょ?

 じつは、会うと幸せになれるかわい妖怪ちゃまが東北にいるのですよ。その名も、「座敷わらし」。600年ほど前、岩手は二戸の旧家のお坊ちゃまが6歳にして病に倒れました。家族を心から大切に想っていたその子は、死後、人々を幸せにする妖怪「座敷わらし」となったのです! 「座敷わらし」になった「亀麿」さまは、その家に泊まった人に次々と幸福をもたらすという噂が広がり、約60年前にとうとう、知る人ぞ知る、座敷わらしの宿「緑風荘」となったのです。その人気たるや、3年間分の予約が1日で埋まってしまうほど。今回、私は幸運にもその「緑風荘」に宿泊できることになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…