不登校新聞

236号(2008.2.15)

若者と仕事 ”いまは模索しています”

2014年11月12日 14:05 by nakajima_
仕事を通して感じたことを若者が執筆する「若者と仕事」の第5弾。今回はアルバイトや派遣、フリースクールで働いた町田和浩さんが執筆した。
 
 大学を卒業してから、本庄フリースクールのスタッフになるまでのあいだ、私は2年間フリーターの生活をしていました。初めの1年はスーパーで働き、次の1年は派遣の仕事をしていました。今回はこれらのことについてかんたんに触れるつもりです。

 スーパーで働いていたとき、私は主任という役職を与えられていました。これは、通常のアルバイトの業務に加え、発注や金銭の管理などの業務が与えられ、当時はとても新鮮なものに感じていました。それらの仕事をきちんとやり、社員からの信頼を得ることは、自分に自信を持つことにも繋がっていたようです。また、社員やパートの人たちとの関係もおおむね良好で、このとき働いていた記憶は自分にとって好ましいものとして残っています。また、店長から推薦状を書くから社員にならないかとの話を受けていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...