不登校新聞

339号(2012.6.1)

食べるいのち 最終回

2013年07月30日 11:21 by kito-shin

長く生きられなくても

 企画を始めるまで、鶏肉は機械的に生産されているものだと思っていた。実際、映画「いのちの食べ方」を見てもベルトコンベアーに乗せられたひよこたちの群れは、動物というより、機械に近い印象を受ける。だけど、実際育ててみると、卵からひよこへ、ひよこから鶏へ、この道のりのなんと険しいことか。

 初代鶏の「メルシー」の骨格標本をつくるとき、その体内を切り開いて臓器を見たとき、どれかひとつでも動くことをやめてしまったら、生命を維持できない。すべてのパーツが生きることに必要なものだと、気づいた。

 アヒルを購入しさばいたとき、油が多いのかヌルヌルとして、刃が入りづらく、また凍っていて解体するのに苦戦したせいもあるのか、やはりどこか機械的なものにうつった。あのアヒルが、小さかったころ、それから、大人になってからのしぐさを、想像できない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...