不登校新聞

398号 2014/11/15

当事者手記 がんばって登校、ゆえの後遺症も? ~スクールカースト~

2014年11月14日 16:16 by kito-shin
2014年11月14日 16:16 by kito-shin




 スクールカースト(教室内の地位・序列)について研究者の鈴木翔氏へインタビューに行ったことがある(本紙382号)。そこで私は「スクールカーストでの地位が、学校卒業後にも影響する可能性があるのではないか」と聞いた。鈴木氏は「調べていないので何とも言えませんが、スクールカーストの地位は、学力や運動能力とほとんど関係ないので、卒業後の進路などには影響することはないだろうと思っています」と答えられた。しかし、自身の経験を省みると、私にはスクールカーストの影響は、その後にも大きかったように思えてならない。
 
 というのも、私は中・高と、ひたすらスクールカースト底辺の生活を送っていた。現在は社会人として働いているが、学校を離れてもスクールカーストの価値観に縛られ、苦しんできた。個人的にはこの状態を「スクールカーストの後遺症」と呼んでもいいのではないかと思っている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…