不登校新聞

398号 2014/11/15

ひといき 多田耕史

2014年11月14日 15:51 by kito-shin


 理事はいま演歌の「石割桜」にはまっている。それが高じて春に車で岩手に行った。途中、長野で一泊したのだが、宿に到着したときタイヤがパンク!。急いで宿の人にJAFを呼んでもらい、なんとかなった。そして盛岡。盛岡は3年住んでいたことがあり、石割桜は見ごろはすぎていたが、街のあちこちに小さいころ母に連れられて行ったパン屋やショッピングセンターが健在していて、なつかしかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...