不登校新聞

234号(2008.1.15)

かがり火 奥地圭子

2014年11月19日 14:19 by 匿名


 本紙を創刊したのは98年5月。今年、満10周年を迎える。

 不登校専門メディアとして、当事者から学ぶことを大事にする市民がつくる新聞として、月2回の発行を続けることができた。はじめは「不登校新聞」として、3年半前からは「Fonte」と改称して続けてきた10年だった。1度の欠号も遅延もなく、また内容も豊かな示唆に富むものが多かったと自負している。そして、購読者のみなさんが発行を可能にしてくださって感謝している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...