不登校新聞

234号(2008.1.15)

教科書検定問題 検定意見撤回へ再要請

2014年11月19日 14:28 by 匿名
 沖縄戦の「集団自決」をめぐる高校日本史の教科書検定問題(メモ参照)で、07年12月26日、渡海紀三朗文科大臣は、教科書検定審議会(杉山武彦会長)の調査審議を受け、訂正申請を承認した。今回承認された教科書は、出版社6社の8点。「集団自決」についての軍の関与を認める記述を認めたものの、「軍による強制」という表現は認めず、「強制」の記述削除を求めた検定意見も撤回しなかった。

 今回問題とされた教科書は、出版社が06年4月に検定申請したもの。教科書検定審議会は、07年3月の教科書検定で「集団自決」について「軍の強制」という記述に「誤解するおそれのある表現」という検定意見をつけ、承認のためには「修正」が必要としていた。これを不服とし、沖縄県では大規模な検定撤回を求める県民大会が昨年9月に開催され、出版社も11月に訂正申請をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...