不登校新聞

234号(2008.1.15)

教科書検定問題 検定意見撤回へ再要請

2014年11月19日 14:28 by 匿名
 沖縄戦の「集団自決」をめぐる高校日本史の教科書検定問題(メモ参照)で、07年12月26日、渡海紀三朗文科大臣は、教科書検定審議会(杉山武彦会長)の調査審議を受け、訂正申請を承認した。今回承認された教科書は、出版社6社の8点。「集団自決」についての軍の関与を認める記述を認めたものの、「軍による強制」という表現は認めず、「強制」の記述削除を求めた検定意見も撤回しなかった。

 今回問題とされた教科書は、出版社が06年4月に検定申請したもの。教科書検定審議会は、07年3月の教科書検定で「集団自決」について「軍の強制」という記述に「誤解するおそれのある表現」という検定意見をつけ、承認のためには「修正」が必要としていた。これを不服とし、沖縄県では大規模な検定撤回を求める県民大会が昨年9月に開催され、出版社も11月に訂正申請をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...