不登校新聞

234号(2008.1.15)

全抗うつ剤で自殺リスク増

2014年11月19日 14:29 by 匿名
 07年12月、厚生労働省は、国内で販売されているすべての抗うつ剤について、使用上の注意を改訂し、24歳以下の患者が服用すると自殺をはかるリスクが高まることを記載するよう製薬会社に指示した。

 対象となるのは、デプロメールやパキシルなどSSRIと呼ばれる抗うつ剤に加え、1960年代から使用されているアナフラニールなど「三環系」「四環系」と呼ばれる種類も含むすべての抗うつ剤。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...