不登校新聞

234号(2008.1.15)

文科省 スクールソーシャルワーカー配置へ

2014年11月19日 14:34 by nakajima_
 文部科学省は、2008年度から全都道府県計141地域に「スクールソーシャルワーカー」を配置することを決めた。予算規模は約15億円。08年度の予算折衝過程で、予算案に盛りこまれた。

 文科省によると、スクールソーシャルワーカーに求める役割は、学校と関係機関との仲介。恒常的に専門家の協力を得られる仕組みを整えることで、家庭状況に合った対応をし、教員の負担を軽減することが目的。スクールソーシャルワーカーは、日常的に小中学校内で活動し、いじめ、不登校、虐待などの相談を受けた場合、福祉施設や警察、ボランティア団体などに協力を要請したり、生活保護などを紹介したりする。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...