不登校新聞

234号(2008.1.15)

文科省 スクールソーシャルワーカー配置へ

2014年11月19日 14:34 by 匿名
 文部科学省は、2008年度から全都道府県計141地域に「スクールソーシャルワーカー」を配置することを決めた。予算規模は約15億円。08年度の予算折衝過程で、予算案に盛りこまれた。

 文科省によると、スクールソーシャルワーカーに求める役割は、学校と関係機関との仲介。恒常的に専門家の協力を得られる仕組みを整えることで、家庭状況に合った対応をし、教員の負担を軽減することが目的。スクールソーシャルワーカーは、日常的に小中学校内で活動し、いじめ、不登校、虐待などの相談を受けた場合、福祉施設や警察、ボランティア団体などに協力を要請したり、生活保護などを紹介したりする。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...