不登校新聞

234号(2008.1.15)

文科省 スクールソーシャルワーカー配置へ

2014年11月19日 14:34 by 匿名
 文部科学省は、2008年度から全都道府県計141地域に「スクールソーシャルワーカー」を配置することを決めた。予算規模は約15億円。08年度の予算折衝過程で、予算案に盛りこまれた。

 文科省によると、スクールソーシャルワーカーに求める役割は、学校と関係機関との仲介。恒常的に専門家の協力を得られる仕組みを整えることで、家庭状況に合った対応をし、教員の負担を軽減することが目的。スクールソーシャルワーカーは、日常的に小中学校内で活動し、いじめ、不登校、虐待などの相談を受けた場合、福祉施設や警察、ボランティア団体などに協力を要請したり、生活保護などを紹介したりする。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

543号 2020/12/1

「不登校の理由にわかりやすさのみを求めることは暴力的です」と語るフリーライ...

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...