不登校新聞

234号(2008.1.15)

第19回 2007年をふり返って【上】

2014年12月11日 15:34 by 匿名

連載「精神現象」


 07年が去り、08年を迎えた。過ぎ去った年を回顧して、年末の各新聞は、恒例の重大ニュース特集を行なっていた。そのうちのいくつかを取り上げてみよう。本連載の最後にあたって、私なりの社会への基本的視座を示してみたいからだ。

 「ゴア氏にノーベル賞/地球温暖化クローズアップ」というニュースがあった。ゴア氏の映画『不都合な真実』が日本で封切られる少し前に、彼は温暖化防止キャンペーンのため、豪州を訪問していた。そのころ、私は国際児童青年精神医学会に参加するためメルボルンにいて、学会が終わったあと、たまたまこの映画を見た。

 学会では、パワーポイントを駆使した発表が行なわれる。ビジネスマンの製品プレゼンテーションと同じだ。発表を聞くものは、パワーポイントで示されたグラフや写真を、自らの経験と照合して考えたり、意見を述べることができる。ゴア氏の映画も、パワーポイントの技術という点では、学会発表と変わらないどころか、それらを上回るきらびやかさを持っていた。だが、決定的にちがう点もあった。聴衆にとって、参照しうるみずからの経験が、かぎりなく不確実なのである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...