不登校新聞

234号(2008.1.15)

声「あたたかい人間性に」

2014年11月19日 14:49 by 匿名


 新年号のマギー司郎さんの特別インタビューがすごくおもしろかったです。著書の『生きてるだけでだいたいOK』がすごく読みたくなりました。

 書名を見ただけで共感できるものですが、インタビューを読んで、マギーさんの意外な一面を知ることができて、テレビで拝見していたマギーさんがすごく近くにいる人に感じました。

 マギーさんの手品は、ほとんど種明かしをされるので、私が子どものときにも、「自分にもできるんじゃないかな」と手品への興味を掻き立てるものがありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第548号

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第547号

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...