不登校新聞

234号(2008.1.15)

声「新年号を読んで」

2014年11月19日 14:50 by 匿名


 息子の233号の感想で、パオロ・マッツァリーノさんの記事の「いいかげん節がおもしろかった」と言うので、私もどれどれと読んでみたら本当に怪しくてよかったです。どんな方なんだろう。

 司郎さんの記事もよかったですね。マギー司郎さんは苦労人で、長いことストリップショーの前座をされていたと聞いたことがあります。そんな目的の観客のつなぎを勤めるのは大変なことだったろうと思います。そんなぎりぎりのお客をなごませたのも弱さと優しさなのかも。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...