不登校新聞

234号(2008.1.15)

ひといき

2014年11月19日 15:14 by 匿名


 かぜ気味なのに、しゃべりすぎて、のどが枯れてしまった。1日くらいは、ほとんど声が出なくなってしまって往生した。アタマでは話したいことがあるのに、声が出ないとイライラするし、電話はとくに困った。しばらくは携帯電話も「居留守」にしていたが、さすがに何回もかけてもらうと悪い気がして出ると、相手にびっくりされる。電話だと、たしかに別人になってしまうよな……。

 「オレオレ詐欺は、かぜ気味だと言えば成功率が高くなるかな?」など妙なことを妄想しつつ、しゃべっていることというのは、コトバの意味だけじゃなくて、声でいろんなことが伝わっているんだなと、あらためて感じた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...