不登校新聞

233号(2008.1.1)

マジシャン マギー司郎さんに聞く

2017年12月11日 12:39 by shiko

 お正月号の特別インタビューは、マジシャンのマギー司郎さん。子ども編集部のメンバーが、マギーさんに子ども時代の思い出や「おしゃべりマジックスタイル」の誕生秘話などをお聞きした。
 
――どんな子ども時代を過ごしていましたか?
 僕は生まれつき左目が斜視でほとんど見えなかった。勉強もできなかったし、運動も全然。いつも端っこにいるような子だったんだよね~。
 
 唯一、得意だったのが知恵の輪。小学3年生のころ、こっそりお金を貯めて、知恵の輪を買ったの。知恵の輪には説明書がついてるでしょ。それを見て練習すれば、誰でもスイスイできるようになる。みんなの前で知恵の輪を解いて「司郎ちゃん、すごい」って言われる時間が、唯一自分の時間だった。あれがあったから、イヤな学校時代も乗りきれたんだと思う。
 
 ただ、家が貧しかったから、知恵の輪なんか見つかったら、親に「返してきなさい」って怒られるだろう、と思ってた。だから隠してたのに、ある日、見つかっちゃったんだよね。そしたら、不思議なもんで母親は何も言わなかったんだ。本能だけで生きてたような母だから、わかってたんじゃないかな。これは大事なもんだって。
 

ちがいが大切なんだよね~


――子ども時代は苦労されたんですね。

 子どものころだけじゃなくて、大人になってからも、僕は人とちがうところだらけだったの。そのちがいが、悪いことでも、自分にとってはプラスなことが多かった。僕は斜視だったから、初対面の人と話すのが苦手だったの。まともに初対面の人と話せるようになったのは58歳を過ぎてからかな。いま62歳だから、つい最近のこと(笑)。それもあって、長く芸能界にいるのに、友だちは3人ぐらい(笑)。でも、それでもいいんだよね。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...